好きなものを、好きなときに・・・
のんびりと更新してます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
「かもめ食堂」「めがね」に続く最新作『プール』!



−理由なんて、愛ひとつで十分だ。−

舞台はタイはチェンマイ。小さなプールのまわりに集まる5人の6日間の物語を描く。

また美味しいご飯がたっぷり見られるかなぁ?癒されるかなぁ?それとも!?
とにかく今から公開が楽しみ〜!!!

プール 公式サイト(CLICK!
------------------------------

『プール』

2009年9月、シネスイッチ銀座、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

監督:大森美香
原作:桜沢エリカ

出演:
小林聡美
加瀬亮
伽奈
もたいまさこ

映画 - -
デトロイト・メタル・シティ
【デトロイト・メタル・シティ】B+
−純朴青年⇔デスメタルバンドボーカル 見事な変身振り−

デスノートで演じた「L」と役者「松山ケンイチ」のものすごいギャップに衝撃受け早3年。それから彼の出演作には常に興味を持っていたけれど、特に見たいなと思っていた作品のひとつが昨年公開されたこの映画。作品の中でこれまたまったく正反対な役を見事に演じてます。ほんとすごい!!!


「オシャレな渋谷系ポップソングミュージシャンを夢見て上京してきた心優しき青年・根岸くん」

かたや

「悪魔のメイクと過激な演奏で人気を博すデスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称:DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」 通称:クラウザーさん」

本当はオシャレポップミュージシャンとなって人に夢を与えたいのに、ひょんなことからデスメタルバンドのボーカルになってしまった根岸くん。DMCのデビューシングルは爆発的にヒットし、あれよあれよとカリスマとなっていく。そんなDMCの活動の合間にもポップミュージシャンを目指し路上ライブを続けるが誰も足を止めてはくれない。

こんなことがやりたかったんじゃない!!と、色々葛藤しつつ話は進みますが、とにかく面白いです。もう笑った笑った。牛をベ〜ベ〜って手なずける所、クラウザーさんなのに、根岸くんの動きが出てきてしまう所とか笑った〜。他にも面白い所はたっくさんあって、今思い出しても笑ってしまう(笑)とにかく、全く内容知らずとも楽しめる、笑える作品になってます。まだ見てない人は是非!あ、でも真のデスメタルファン、そして教育上よろしくない言葉の数々が飛び出してるので、お子様にはよろしくないかも!?

ストーリー:純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとして活動することになる。彼らのデビューシングルは大ヒットを記録し、崇一は自分の意思とは関係なくカリスマ悪魔歌手に祭り上げられていく。
映画 comments(0) trackbacks(0)
おくりびと

【おくりびと】A-
−皆おくりびと、いつかはおくられびと−

以前から見たい見たいと思っていたこの作品。日本の賞だけでなく、アカデミー賞外国語映画賞までも受賞したおかげで凱旋上映され、劇場で見ることができた。DVDをレンタルするしかないかなと思っていたので本当に良かった。

死を扱う作品だけれど、重さだけでなく笑える要素が沢山ありました。そのあたりは私だけでなく、他の方も結構笑ってましたね。納棺師役の山崎努さん、本木雅弘さんの納棺の儀での所作の美しいこと。見入ってしまいました。また本木さん演じる大悟が、周りから納棺師の仕事をなかなか理解されず、それが理解された時のシーン、そして笹野高史さんの門番の話のシーンは忘れられないです。そして、食事のシーン。とてもシンプルで、人間は他生物の御命を頂いて自分達が生かされている、改めてそう思わせられたシーンでした。山崎さんはほんとうに存在感のある素晴らしい俳優ですね。

人間はおくりびとになるし、いつかはおくられびとにもなる。私も暖かくおくりだしてあげたいし、おくりだしてもらいたいな、そう思える映画でした。昨年から身近に生と死を感じることが結構あり、色んなことを思いながら見ていました。美しく、暖かい作品だと思います。

ストーリー:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つけ、面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事だった。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。

映画 comments(0) trackbacks(0)
チェンジリング
原題【Changeling】A
−心震わす、母の愛の強さ−

こんなラストは予想していなかった。そしてこれが実話とは・・・。母親の心情を思うと、ただただ、胸が痛いです。そしてこれは、子を想う母の深い愛、強さをとても感じる作品でもあります。その母を演じたアンジェリーナ、とても良かった。その中でも、悲しみ、絶望、希望、喜び、さまざまな感情を彼女の目が物語っていて、今でも残っています。また色味のない世界で、アンジェリーナの真っ赤な口紅を塗った唇はとても印象的でした。

語れば語るほどネタばれになってしまいそうなので、あまり言えないけれど、クリスティンが助けを求めた相手である警察の一部の人間の対応が何とも・・・。警察官でなくとも、こういう人達は今でも色々な国に存在すると思うと憤慨するし、同じ人間として恥ずかしい。

142分と、決して短くはない上映時間ですが、中だるみなど一切なく、それどころか話の展開にどんどん惹きつけられ、あっという間に見終えてしまいました。心の奥底に響く何かを残して・・・。

イーストウッド監督は、心に何かを残していく人ですね。それもとても静かに心を震撼させます。今回もすーっと私の胸の奥に残していきました、シンプルなピアノの旋律、悲しくも、でもどこか優しいギターの音色とともに。数えるほどしか彼の作品は見たことはないけれど、とても好きです、クリント・イーストウッド監督の作品。

ストーリー:1928年のロサンゼルス、一人息子ウォルターと暮らすクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)。ある日、ウォルターが行方不明となり、彼女は哀しみに暮れる。その5カ月後に彼らしき子供が見つかった報せを受けるが、現れた男児はまったくの別人だった。 

※changeling=すり替えられた子、取替えっ子
映画 comments(0) trackbacks(0)
ラブレター
先週終わったばかりのTBSのお昼のドラマ「ラブレター」。時々見ていて、その度に面白いなと思いつつ、何せ最初から見てなかったので、本腰入れてまで見る気にはならなかったこのドラマ。でも、終盤にさしかかると、もう気になってしまって、最初から見ていなかった事を後悔するほどだった。泣かされるんですよ〜、ほんと。レンタルがされれば借りて見たいところだけれど、されるかなぁ。

舞台は美しい小豆島。施設で育ち小豆島へやって来た耳に障害のある少女・美波が里親や一生の友人、初恋の人・海司と出会い、成長していく15年間を描いた物語です。
映画 comments(0) trackbacks(0)
20世紀少年 −第2章− 最後の希望
【20世紀少年 −第2章− 最後の希望】C
第1章を見て、う〜ん、もう次は見ないなぁと思っていたけれど、遠藤カンナ役の平愛梨ちゃん見たさに行ってしまった。それはとても満足した。(かわいいっっ!)けれど、内容は・・・はっきり言って良くわからなかった。というのも、エピソード盛り沢山、それにより登場人物も盛り沢山で、次々とこれでもか!っていうくらいに色んな人が出てくるんですよ。色々ありすぎて、頭パニック!一本の大通りからたっくさん枝道が分かれているけど、枝道にはちょっとしか足を踏み込めない感じで・・・。上映終了後、私の頭の中は???が沢山浮かんでました。でもここまで来たら第3章も見なくちゃ!しっかし、出演者の豪華なこと!!びっくりだ。

ストーリー: “血の大晦日”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた。高校生になったケンヂの姪であるカンナ(平愛梨)は、そんな“ともだち”中心の国家に反抗し、問題児とみなされてしまう。 
映画 comments(2) trackbacks(0)
K-20 怪人二十面相・伝
【K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝】A-
面白い!面白い!!面白い!!!ちょっと期待して見たけど、それでも私はとっても楽しめました。これからどんなことが起きるのかと、ワクワク感を増大させるオープニングのアニメーション。これがかっこいい!そして音楽もとても良い!アニメーションが終わって登場した第二次世界大戦を回避した架空の都・帝都もリアルで説得力のある出来ばえ。期待をしないで見ていたら満足度は更にアップしていたんじゃなかろうか。色々な映画へのオマージュもあって面白いし、誰もが楽しめる大衆娯楽映画でしょう、これは。話の展開は、ありがちな話なので予想がつくけれど、最後にやられた〜!!終盤の展開にびっくり、目を見開いた人が多かったのでは?私もその一人。満足のいく、良い終わり方でした。

内容と共に良いのがキャスト。金城武さんのK-20に対抗すべく修行するシーンは見ていて飽きないし、アクションシーンも良し。華族のお嬢様・松たか子さんの存在感も素晴らしい。コミカルな役はもうお見事です。すっとぼけたお嬢様には笑わせてもらいました。そして「良家のたしなみ」の幅の広いこと!(笑) 仲村トオルさんも名探偵・明智小五郎をニヒルに演じていて、これまたお見事。クールで格好良かったなぁ。また、國村準さんもこの映画の重要な人物でしたね。天才カラクリ師・源氏、すごすぎだから!そして金城さん演じる平吉とのコンビネーションが良い!!もう、他にも、高島礼子さん、益岡徹さん、鹿賀丈史さん、小日向文世さん、大滝秀治さん、などなど豪華豪華。また見てみたいかも!

ストーリー:1949年、一部の特権階級が富を独占している日本の都市・帝都に、金持ちだけを狙って盗みを働く“K-20(怪人二十面相)”が出没。謎の男にだまされてK-20に仕立て上げられ、世間から追われる身となったサーカス団の曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、富豪の令嬢・羽柴葉子(松たか子)や名探偵・明智小五郎(仲村トオル)らを巻き込み、K-20に戦いを挑むことを決意する。
映画 comments(0) trackbacks(0)
20世紀少年 −第1章− 終わりの始まり
【20世紀少年 −第1章− 終わりの始まり】C+
気になってはいたけど、見ずに終わっていたこの映画。今回、第2章公開にあたり復習上映を行っていて、1000円ということもあって見てきました。途中まではちょっと推理サスペンス的?な要素があってとても面白かった。でも話が進むにつれ、何だか気持ち悪い展開になってしまった、私には。何がって人の死に方がちょっとグロいの。この辺からちょっとトーンダウンで、第2章、第3章を見る気が失せてしまった。私は原作を読んだ事はないけれど、この話は映画を見るより、マンガを読んだ方が存分に楽しめる気がします。でも“ともだち”の正体が気になる、とても。私、今「映画を見る VS マンガを読む」の格闘中です。

ストーリー:大阪万博開催を翌年に控えた1969年の夏、小学生のケンヂは、同級生の仲間達と秘密基地を作った。そんな彼らの秘密の遊びの一つである“よげんの書”には、悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など空想の数々が描かれ、彼らをワクワクさせるのだった。
映画 comments(0) trackbacks(0)
チェ 28歳の革命
原題【CHE: PART ONE】A-
キューバ革命の立役者であり、カリスマ的存在にもなっているエルネスト・チェ・ゲバラの“革命家”として突っ走った半生を描いた二部構成の大作。まずはその前編をみてきました。フィデル・カストロと出会い、キューバを救おうと愛を持って戦ったゲバラ。武力をもって制したことに関しては色々と意見があるだろうけれど、ゲバラは愛を持っていた。愛なくして革命はなしえない、と言っていたほど。とにかく、人間を愛し、キューバの民の為に国を変えようと必死に戦い、全てを捧げた。

上映時間132分中、山中でのゲリラ戦のシーンが多くを占めるなか全く飽きることなく見続けることが出来た。スペイン語を勉強する私としては、全編スペイン語のこの作品には釘付け。また、革命のシーン、革命後の国連での演説や、アメリカでのインタビュー等、時代を行ったり来たりするけれど、革命時代はカラー、演説・インタビューなどはモノクロで色分けがされているので、分かりやすい。私にとって分かりずらかったのは、キューバ革命が達成されるまであと少し、という所で行われた市街戦でのこと。出てくる軍人が味方なのか敵なのかが見分けつかなかった。この映画を見るには予習が必要でした。

そして忘れてはいけないのが国連での力強い演説シーン。このシーンとても素晴らしかった。これがあるのと、ないのでは彼に対する見方が変わるんだろうなと思った。本当に力強く、熱い思いが伝わってきて、その姿がとても格好良い。そして、ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロもまた素晴らしかった。後編が楽しみでならない。少し予習して見ようかな。全く知らない人は、ゲバラについてちょっと予習して、また革命を起こすきっかけの1つになったであろう若き日の冒険旅行モーターサイクル・ダイアリーズを見てから行くとより楽しめるかも。

ストーリー: 1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる。
映画 comments(0) trackbacks(0)
海でのはなし。
【海でのはなし。】C
「スピッツの音楽から、やさしい物語が生まれました」+「宮崎あおい×西島秀俊」。スピッツには特に思いいれはないけれど、キャストからこれは見るっきゃない!ということで見てみました。

誰かを大事に思う心がとてもとても詰まっていました。上映時間は71分、派手な演出もなし、出演者も少なく、海が大きな舞台になった、静かでシンプルな作品でしたよ。確かに宣伝どおり、やさしい物語だなと思います。ただ、スピッツファンにはあまりオススメ出来ないかも知れないです。スピッツの音楽から〜と謳っているわりにはあまり目立っていないので。う〜ん、1800円を出してまで見る内容ではないのだけど、宮崎あおいさん、西島秀俊さんが好演、そして個人的に好きなので、この評価になりました。

ストーリー:自分のことをごく平凡な家庭で普通に育った幸せな娘と信じていた楓(宮崎あおい)は、ある日、母親が父親の愛人だったという事実を知ってしまう。傷ついた楓は、心の拠り所にしている物理学者の博士(西島秀俊)の元へと向うが、博士は自分の壊れた家庭環境との葛藤から、楓の気持ちを受け止められず・・・。

映画 comments(2) trackbacks(0)
| 1/11 | >>