好きなものを、好きなときに・・・
のんびりと更新してます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
藤城清治 光と影の世界展
--ファンタジックな世界に興味津々-- 

まず最初に出会うのは、藤城さんの油絵。戦時中に無我夢中で描いた物や、その他数点あり、かわいい作品もありました。その後は影絵です。昔話のような、お話と共に絵が展示されています。ここはまさに白と黒の「影絵」ですね。その後に続くのが30代の代表作、孫悟空。何枚か展示されているうち、大きな悟空の顔の影絵があるんですが、好きですね。表情が良いです。

次に足を踏みいれた瞬間、ドキッとしてしまいました。キラキラしていて、宝石箱のようで、目を奪われてしまいました。それまで見ていた、白黒の物ではなく、藤城さんオリジナルの技法に、カラフルなセロハンを組み合わせた物で、そのどの作品もが生み出す光と影が美しく、幻想的でした。ファンタジックな小人や動物達、色鮮やかな草花や木が沢山。もう、かわいくって、かわいくって・・・ステキです。

作品もおとぎ話の為の小さな物から、メッセージ性の強い物、見上げる程大きな物までさまざま。ノアの箱舟や、原爆ドームを描いているものもありました。展示方法もいくつかの作品の前に水を張り、その水面に影絵を反射させたり、更には作品の両側に鏡を立て、どこまでも影絵が続いて見えるというその演出方法など良かったです。私が見とれてしまったのは「生命讃歌」。もう何と言ったら良いんだろう。エネルギッシュで、生命の美しさや、生きる事はこんなにも素晴らしい事なんだ、と語りかけているような、そんな作品でした。私が目を奪われた作品の1つですね。

もう1つは世界で一番大きな影絵(壁画だったかな・・・?)のレプリカ。大きいなぁ〜と思って、説明を読んでいたら、実物はなんと、その25倍!想像すると共に、是非実物をこの目で見てみたいと思いましたね。25倍って!!

全部でおよそ150点が展示されています。興味のある方は是非足を運んでみてください。
そごう横浜店のそごう美術館で5/26まで。
芸術 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








わー!なつかしい!これ昔小学生のときに観にいったんだよね〜。そのときは銀河鉄道の夜の話を影絵で上映しててさ〜。5月26日までか・・・さすがに帰れなそうだしなあ・・残念。。
from. cowree | 07 |
◆cowree

そうなんだ〜!!上映してたんだね〜。
上映しているのを見てみたいなぁ。
今回は静止画だったからさ。
でもそれでもステキだったよ★
from. Jade | 12 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://photoslife.jugem.jp/trackback/163
<< NEW | TOP | OLD>>