好きなものを、好きなときに・・・
のんびりと更新してます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
アヒルと鴨のコインロッカー
【アヒルと鴨のコインロッカー】A
リピーターが多かった単館系の作品で、当時とても見に行きたかったのだけど上映する映画館が遠くて断念していた。DVDで見たけれど、リピーターが多いのが納得の作品。凄いよ、この作品は。単なる青春映画(予習しないで見たので・・・)なのかと思いきや、とんでもない。裏には複雑なストーリーが絡んでいた。過去と現在を行き来しながら物語が進んでいくのだけど、謎が解けそうで、解けない、そして最後には!!!と私には大どんでん返しな内容でした。とても悲しくて切なくて、そして憤りをも感じました。見る前は、まさか泣かされるとは思いもしなかった。また見たい作品です。見た人はきっとボブ・ディランの“風に吹かれて”(気になる人はココをクリック!)を口ずさみますよ。私もその一人・・・。

ストーリー:大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う。初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける。そんな話に乗る気などなかった椎名だが、翌日、モデルガンを片手に書店の裏口に立っていた・・・。

映画 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://photoslife.jugem.jp/trackback/270
<< NEW | TOP | OLD>>