好きなものを、好きなときに・・・
のんびりと更新してます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
その夜明け、嘘。
先日、青山で行われた宮崎あおいちゃんの舞台、観劇してきました!いつの頃からか、あおいちゃんがとても好きで映画、朝の連続ドラマ小説、そして昨年の大河ドラマとずっと見てきたけれど、まさか舞台が見れるとは思っていませんでした。チケット取れた時点で嬉しくて、観劇日に近づくとさらに嬉しさが増して、当日はもう嬉しさ爆発でした。

青山円形劇場で収容人数がとても少ないというだけでも、良く見えるだろうと思っていたら、なんと最前列!一人で観劇したのでこの嬉しさを誰とも共有出来なかったのが残念だったけれど、もう最高でした!!役者さんに嬉しすぎる近さ!!ちょっと手を伸ばせば触れられる距離です。

宮崎あおいちゃん、吉本菜穂子さん、六角精児さんの3人芝居だったのだけど、休憩なしの2時間ぶっ通しで3人がさまざまな役柄をこなします。もうどれもが面白くて面白くて、笑いっぱなし!!役がハイスピードでコロコロ変わるので、置いていかれないようにしっかり食いついて観てました。

あおいちゃん、かわいかったなぁ〜(ぽっ)。想像していたより本当にお顔が小さくて、背も高かった。お芝居はもう言う事無し!だって好きなんだも〜ん。
吉本さん、初めて知った女優さんでした。独特の声質で舞台でも良く響いていましたね。
六角さんは以前から知っていて、生で見られるのを楽しみにしていました。いやぁ〜面白かったなぁ、自転車の神様とか、店長とか・・・イロイロ。

とにかくお三方、誰もが素晴らしいし、とても面白いの。是非沢山の人に観てもらいたい!って思うけれど、もう終わってしまうのね・・・。関東圏の公演は終了してしまったし。もう一度観てみたかったなぁ。

ストーリー:

その漫画家は、環状七号線を走っていた!


締め切り前夜。
白紙の原稿をロバに積み、情熱の炎をランタンにして、
無能なアシスタントを従えた、そんな漫画家が走っていた!


月の砂漠の環七を、アイデアを求めて漫画家は、西へ東へ海底2万マイル!
西部の荒野の宇宙の果てで、スフィンクスと決闘しろ!


「あぁそんなストーリーじゃ、とても締め切りに間に合わない!」


そうしてその漫画家は、バス停のベンチに腰掛けて、目から水晶の涙をこぼすので、
王女の呪いは霧散して、代わりに村人全てがゾンビ化した!


深夜の環七を舞台に繰り広げられる、十数人の群像劇の三人芝居
-----------
                                           
                                           〜その夜明け、嘘。の公式サイトより〜
観た人にしか、このストーリーわからないだろうなぁ。

芸術 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://photoslife.jugem.jp/trackback/317
<< NEW | TOP | OLD>>