好きなものを、好きなときに・・・
のんびりと更新してます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
おくりびと

【おくりびと】A-
−皆おくりびと、いつかはおくられびと−

以前から見たい見たいと思っていたこの作品。日本の賞だけでなく、アカデミー賞外国語映画賞までも受賞したおかげで凱旋上映され、劇場で見ることができた。DVDをレンタルするしかないかなと思っていたので本当に良かった。

死を扱う作品だけれど、重さだけでなく笑える要素が沢山ありました。そのあたりは私だけでなく、他の方も結構笑ってましたね。納棺師役の山崎努さん、本木雅弘さんの納棺の儀での所作の美しいこと。見入ってしまいました。また本木さん演じる大悟が、周りから納棺師の仕事をなかなか理解されず、それが理解された時のシーン、そして笹野高史さんの門番の話のシーンは忘れられないです。そして、食事のシーン。とてもシンプルで、人間は他生物の御命を頂いて自分達が生かされている、改めてそう思わせられたシーンでした。山崎さんはほんとうに存在感のある素晴らしい俳優ですね。

人間はおくりびとになるし、いつかはおくられびとにもなる。私も暖かくおくりだしてあげたいし、おくりだしてもらいたいな、そう思える映画でした。昨年から身近に生と死を感じることが結構あり、色んなことを思いながら見ていました。美しく、暖かい作品だと思います。

ストーリー:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つけ、面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事だった。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。

映画 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://photoslife.jugem.jp/trackback/318
<< NEW | TOP | OLD>>