好きなものを、好きなときに・・・
のんびりと更新してます。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
デトロイト・メタル・シティ
【デトロイト・メタル・シティ】B+
−純朴青年⇔デスメタルバンドボーカル 見事な変身振り−

デスノートで演じた「L」と役者「松山ケンイチ」のものすごいギャップに衝撃受け早3年。それから彼の出演作には常に興味を持っていたけれど、特に見たいなと思っていた作品のひとつが昨年公開されたこの映画。作品の中でこれまたまったく正反対な役を見事に演じてます。ほんとすごい!!!


「オシャレな渋谷系ポップソングミュージシャンを夢見て上京してきた心優しき青年・根岸くん」

かたや

「悪魔のメイクと過激な演奏で人気を博すデスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称:DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」 通称:クラウザーさん」

本当はオシャレポップミュージシャンとなって人に夢を与えたいのに、ひょんなことからデスメタルバンドのボーカルになってしまった根岸くん。DMCのデビューシングルは爆発的にヒットし、あれよあれよとカリスマとなっていく。そんなDMCの活動の合間にもポップミュージシャンを目指し路上ライブを続けるが誰も足を止めてはくれない。

こんなことがやりたかったんじゃない!!と、色々葛藤しつつ話は進みますが、とにかく面白いです。もう笑った笑った。牛をベ〜ベ〜って手なずける所、クラウザーさんなのに、根岸くんの動きが出てきてしまう所とか笑った〜。他にも面白い所はたっくさんあって、今思い出しても笑ってしまう(笑)とにかく、全く内容知らずとも楽しめる、笑える作品になってます。まだ見てない人は是非!あ、でも真のデスメタルファン、そして教育上よろしくない言葉の数々が飛び出してるので、お子様にはよろしくないかも!?

ストーリー:純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとして活動することになる。彼らのデビューシングルは大ヒットを記録し、崇一は自分の意思とは関係なくカリスマ悪魔歌手に祭り上げられていく。
映画 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://photoslife.jugem.jp/trackback/321
<< NEW | TOP | OLD>>